【子供の保険】学資保険、生命保険(医療保険、傷害保険)どうする?

こんばんは。咲希です。

子供が誕生して、「保険に入ろう」という人はどのくらいいますでしょうか?

私は昔、保険の会社で勉強したことがあって、無事試験も合格しました。普通の人よりは知識があるので「保険って何?色々あって全くわからない。どうしたらいいんだろう?」という方に保険のことを説明していきたいと思います。

結論から言いますと、子供の保険は入っていた方が絶対にいいです。子供は突然、病気やケガをしますので入っていると安心です。終身保険に0歳から入っていると一生一番安い金額のまま保険をかけ続けていけることができますので将来を考えるとお得です。大人になってから入ると毎月1万円以上支払うことになってきますので、早い段階から入ることをお勧めします。(私も子供は終身保険に入れています。それとCO・OP共済たすけあいです。一番下参照)

学資保険

わかりやすく説明しますとこれは医療特約などつけなければ、純粋に貯金の様なものです。何年かごとに(保険会社によって違います)いくらかお金を受け取れて、満期で残りの金額+利息の金額が受け取れるという保険です。満期の時期も保険会社によって違いますが、今は大学に行くのが普通になっているので、大学生くらいまでが主流です。

月にいくらという金額は自分で指定できる。(保険会社による)

(私も子供の学資保険入っています)

生命保険(終身保険)

生命保険には大まかに、死亡保険、医療保険(細かくいうとガン保険、入院保険、傷害保険)があります。
よく、生命保険といわれているものは死亡保険+医療保険がくっついているものになります。
・死亡保険は死んだ時に受け取れるという保険。(保険額は安いです)
・入院保険が病気で入院した時に受け取れるという保険。(こちらの保険額が高いです)
日額5000円~1万円くらいが主流で、この日額が上がるほど保険額が高くなります。

・ガン保険はオプションの様なものでガンになった時、さらに一時金300万とか日額+5000円など増やすことが出来ます。(私の入っている生命会社の例)

・傷害保険は入院しなくても「怪我で通院した」とかでも支払われる保険です。この保険は掛け金も安いので、怪我をしやすい子供は入っていた方がいいです。(入院保険より安く、高くても月1000円くらい)

・終身保険=保険に入った時から死ぬまでずっと同じ金額で保障が続くという生命保険です。普通の生命保険と終身保険の違う所は終身保険ではない普通の生命保険だと10年更新など、更新があり、更新があった時に保険料が上がって、さらに保障(死亡+入院金額)も下げないと高くて払う金額がきつくなるという点です。終身保険の方が普通の生命保険よりも金額は高めですが、後々のことを考えると終身保険の方がお得ということになります。保険は早く入れば入るほど安いので、子供が幼いうちに入るのが一番ベストです。といっても、高い終身保険に入ると家計も苦しいと思いますので、自分の払える金額の終身保険に入ればOKです。

◆私の子供の保険の話◆

・子供用のCO・OP共済ジュニア20コース(保険)
この保険のいいところは、死亡+医療+傷害(ケガ通院)+個人賠償責任保険(これはオプションで+170円で加入できます)が付いているところです。ケガ通院も入っているので傷害保険に別口で入らないでいいので助かっています。(新しく2000円コースは+100円で先進医療特約も付けられるようになったようです)

私の子供はコープの終身保険に0歳で加入2940円+ジュニア20コース1000円+170円(個人賠償責任保険)で毎月支払っています。

・個人賠償責任保険とは、日常生活で偶然の事故によって他人にケガをさせてしまったり(自転車事故なども含む)、他人の物を壊してしまったり、法律上の賠償責任を負った場合の保障です。(子供だともしかしたらという不安もあるのでこれは備えておきたい保険ですね。)

・学資保険は純粋に学資保険のみです。子供手当分を毎月そのままそちらに入れるようにしました。私は貯金出来るタイプではないので、それを貯金としてかけています。

保険のことを語ろうと思ったらまだまだ細かく色々あるのですが、大まかにいえば話した通りの感じになります。良い所を厳選しようと思ったら入院何日から有効なのか(日帰りからOK~○日経たないとだめなど)、入院日数(最大何日まで保障なのか)、日本企業と外資系はどっちがいいのか(私は日本企業の保険に入っています)などありますが、そこは家計と相談して、自分の子供にベストな保険を見つけてみてください^^今は保険の窓口などもありますので、相談されてみてもいいと思います。子供の保険=他にはJAや郵便局などもあります。

もっと詳しく知りたい方は↓など、保険の窓口に聞いてみてください。相談は無料です。

親の保険については こちら(編集中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です