【出産後】退院~産褥6週目までの過ごし方(1カ月半)

産後の生活

退院してからいよいよ子育て本番。

まだまだ身体が回復していないので、張り切り過ぎないように注意しましょう。
里帰りしてる方は両親に甘えて赤ちゃんを見てもらっても全然構いません。
退院して1週間はまだ安静にしていましょう。

里帰りが出来なくて夫婦だけというお家は、夫にも手伝ってもらったり、家事ヘルパーさん(産後ヘルパーさんはトラブルもあるそうなので事前に要チェック。家事に特化されている方の方が良いかもしれません)にお願いしたりして、自分の身体を休めるようにしてください。

※産後ヘルパーさん注意点※

赤ちゃんを見てもらうヘルパーさんは毎回違う人が来ると、その都度説明しないといけなくなり、あまり自分が楽にならないそうなので、同じ人が来て貰えるように手配してもらったり、して欲しいことやして欲しくないことを事前に知らせていると失敗もないようです。ヘルパーさんによっては赤ちゃんの扱いに慣れていない方もいるそうなので慣れている方を派遣してくれるようにお願いするのが一番良さそうです。

市のサービス機関や民間の会社の産後ヘルパーさんがいるので、自分に合ったところを吟味しつつ見極めて依頼をしてみてください。

産褥第2週目にする主な生活

・赤ちゃんに授乳、おむつ交換など育児中心に生活する。
・自分の身体は清潔に(お風呂はまだ。シャワー程度でよい)
・沐浴、洗濯は疲れない程度に。(ここで周囲の協力をお願いする)

★退院後、赤ちゃんと産後の一週間検診があります(体重、母乳測定など)

※出生届は14日以内なのでこの時までに済ませて置く。(印鑑、母子手帳持参)

産褥第3週目にする主な生活

・少しずつ洗濯、掃除など家事を行って身体を慣らす。
・そのほか身の回りのことを少しずつ始める。

産褥第4~5週目にする主な生活

・日常の家事をこなしていく。
・近くへの外出、買い物にゆく。
・産後1か月検診
・入浴は1か月検診で医師の許可が出れば◎

産褥第6週目にする主な生活

・普通の生活へ
・遠出、旅行はまだ。9週目以上になってからなら◎

注意する症状

下記にあげる症状があれば、すぐに診察に行きましょう。

・悪露がいつまでも赤黒く、臭いが強い。
・発熱がある。
・突然、出血があり、下腹部に強い痛みがある。
・乳房が赤くはれて痛い。
・尿の間隔が近く、残尿感や排尿痛がある。(膀胱炎の疑い)
・頭痛・頭が重い。めまい、動悸、むくみがある。

◆私の体験談◆

私は夫に手伝ってもらい(買い物、洗濯、沐浴)、産後を乗り切りました。
そして、やってはいけないと云われているゲームも我慢が出来ずやっていました。(それでも退院してから一週間は休んでいました)
産後は視力が低下しやすいと云われているのに、もういい加減、目も悪いしこれ以上悪くなるわけもないなと思ったので。。。ちょっと身体も回復してきたしいいかなと。
でも、皆さんは私みたいなことはしないでくださいね。
後々、産後の肥立ち(ひだち)が悪くなってしまいます。(目を酷使することは極力避けてください)
出産前にはなったことがなかった「ほてり」「過換気症候群」にかかりやすくなってしまったので、この時ちゃんと休んでいなかったのでなりやすくなったのかなと思っています。更年期が怖い・・・。

出生届などの書類手続きは全部、夫に任せてやってもらいました。

外出は検診以外は1ヵ月くらいしていませんでした。ずっと家にいたので、夫に買い物を頼んでいました。それと子供が産まれたのを機に「コープ」の宅配も母親に紹介してもらって始めました。赤ちゃんがいれば1年は宅配料無料+何品かから無料で1つ品物が貰えるというサービスがあったので助かりました。(いつもおしりふきを頼んでいました。なので1年以上はおしりふき代が浮いていました。)1年以上経っても今まだ宅配料は半額サービスされています。(もうすぐ3年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です