【妊娠3ヵ月】症状と準備や対策

妊娠3ヵ月

8週0日目~11週6日目

この頃は、吐き気やつわり、食欲がなくなり、イライラしたり便秘になりやすくなる。疲れもすぐたまり、眠気もすごく精神的にも不安定に。人によっては一番つらい時期かも。

◆私の体験◆
私もこの症状で一日中寝っぱなしでした。そして食べ物のにおいもダメに。特に焼き魚系。
軽いつわり(夕方~深夜)胃が痛い、気持ち悪い唾液、便秘、体のだるさ、眠気、体温の上昇(微熱)、胸の痛み

4週間に1回通院が始まる。

準備すること

1.母子健康手帳を貰いに行く。
妊娠届を住民票のある地区の保健センター、または役所に届け出る。
(マタニティマークや産婦人科に通院するための診察補助券が貰える。子供の予防注射セットも地域によってもらえます。大事にしまっておきましょう。)

2.下半身を冷やさないように腹巻を何個か揃えておく。
(私の時はちょうど冬場だったのでパンツ型腹巻をしていました)

3.マタニティの下着を購入しておく。
(胸が大きくなるのでスポーツブラ系がオススメ)


↑地元でなかなかおしゃれなマタニティ服に出会えない方へ

働いている人

体調が悪いなど、ちょっとでも異変があれば仕事を休んで病院へ。

残業など、この時期は避ける。

気を付けること

流産が多い期間中なので妊娠6週~12週は負担の少ない生活を心がけましょう。
早期流産はこの期間と云われています。

ストレスも厳禁。この期間は無理せず激しい運動はさけ、ゆったりまったりしていましょう。

便秘も気になる時期なので食物繊維を意識的に摂取するようにしましょう。
痔になる人も妊娠中は増えるので、この問題(便秘)は思うより深刻です。
(私は最初の頃、便秘がひどく、ダノンビオを毎日食べて、野菜ジュースも飲んでいたら楽になりました)

つわりがひどい時は

食べ物は食べたいものを取るようにして、気持ち悪くなるなら最低限、水分補給に気を付けて。(私はコンニャクゼリーとベビースターラーメンを食べていた記憶があります)
水分補給はポカリスエットなど、風邪の時にも良い飲み物が◎ 葉酸タブレットも忘れずに。

《家族体験談》

私の家族は妊娠当時つわりがひどく、食べ物もろくに食べられず栄養失調になってしまい入院していました。水分を摂っても吐いてしまうなど、たかがつわりと思わず、本当にひどい時は病院に行きましょう。

赤ちゃんの様子

9週で3cm程度。体重は4g~12gほど。出産予定日がわかってきます。

11週で6cm程度。体重は約20gほど。「胎芽」と呼ばれる時期から「胎児」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です