【妊娠2ヵ月】妊娠発覚・これから備えること(妊娠がわかったら)

妊娠おめでとうございます!これから備えることがたくさんありますね。
順番に2ヵ月~出産までを書いていこうと思いますので参考にして頂ければ幸いです。

you86_ninpusan_tp_v

妊娠2ヵ月

4週0日目~7週6日目

この頃は、人によっては風邪を引いたかな?と思う感じで、身体がだるくなり、体の調子が悪くなります。(私がそんな感じでした。そしてもしやと思い、産婦人科に行くと妊娠していました。)早い人ではつわりが始まることも。

やっておくこと(備えること)

☆妊娠検査薬で妊娠が発覚した方☆
産婦人科で本当に妊娠しているか受診して確認する

☆産婦人科で妊娠を確認した方☆
1.周りの人や自分がタバコを吸っていないか。
吸っていれば近くで吸うのをやめてもらう&自分もやめる。

2.薬を飲んでいる人は服用をやめ、病院に通院しているなら医師に相談する。

3.お酒もやめる。

4.食べ物に気をつける。(特に葉酸を摂取するようにする)
葉酸は枝豆、ほうれん草、うなぎ、レバーなどに多く含まれます。
(レバーは生は×、加熱したレバーを)
補助にはタブレットや飴などもあるので、有効に活用すれば◎
レバー以外の生もの(ユッケ、刺身、すしなど)も食べない。
飲み物もカフェインレス・ゼロのものに切り替える。(お茶、珈琲)

5.通院する産婦人科を決める。
(周りの人の評判や口コミ、施設の設備、交通の便などを目安に)
里帰り出産予定の方は事前に出産する産婦人科を調べておく。

6.母子手帳を入れるケースもこの時に用意していると便利

7.妊娠雑誌を購入する。
(色々為になることが書いてあるので今のうちから勉強しておくと◎)

8.保険に入っていない人は保険に入る。(妊娠中でも入れる保険あり)


【保険相談Navi】

(私の体験談)出産で吸引分娩などになると保険がおります。私も保険に入っていたので吸引分娩で保険がおりました。まさかの帝王切開などにも対応していますので、備えていると心強いです。

働いている人

1.妊娠していることを職場に伝える。
(健診の休暇など急の体調不良などに対応してもらうため)

2.産休がどれくらい取れるのか、育児休暇中の手当て、出産手当があるのか調べておく。

気を付けること

流産が多い期間に入るので妊娠6週~12週は負担の少ない生活を心がけましょう。

早期流産はこの期間と云われています。

ストレスも厳禁。この期間は無理せずゆったりまったりしていましょう。

赤ちゃんの様子

5週で1cmほど。7週には2~3cmに。まだまだ可愛い豆くらいの大きさです^^

→ 妊娠3ヵ月へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です